商事仲裁研究所

 仲裁に関する調査・研究を行うため、1972年、商事仲裁研究所が当協会の付属機関として設立されました。当研究所は年次会合により調査研究項目を審議・決定し、その調査・研究を国内外の学者、弁護士など専門家に委託し、その成果物は、当協会が研究論文として刊行してきました。また、この調査研究事業とは別に、当研究所では、仲裁関係の情報の収集および仲裁法規集の追録を刊行しております。なお、調査研究事業については、現在、当協会の月刊誌JCAジャーナル誌面を媒体として広く調査・研究の成果が公表されていることから、このJCAジャーナルによる公表に代えております。