紛争解決手段とは

 「法律上の仲裁」の説明に入る前に、まず、どのような紛争解決手段があるのかを簡単に整理しておきたいと思います。紛争が発生し、当事者間の話し合いで解決できない場合、次のステップとして、その解決のために、当事者以外の中立的な第三者がなかに入ることが考えられます。この第三者による解決には大別して、第三者が、当事者の対立する主張を聞いたうえで、当事者に対し、和解を勧め(斡旋)、あるいは解決案を提示する(調停)ものと、単なる解決案ではなく、当事者を拘束する判断をなすものとがあります。前者の場合、第三者が解決案を提示しても、その解決案を当事者が受け入れなければ、紛争は解決されません。これに対し、後者の場合、第三者の判断に従わない当事者に対しては、その内容を強制することができるのです。ご存じの通り、裁判がこれにあたりますが、実は仲裁もこの解決手段の一つなのです。