HOMEカルネ | 台湾向け"SCCカルネ"利用のご案内:SCCカルネ発給申請書の記入例

台湾向け"SCCカルネ"利用のご案内
SCCカルネ発給申請書の記入例

記入例にしたがって、申請書及び総合物品表を作成して下さい。
申請書の印鑑が届出印と異なる場合や、金額欄の数字が物品表の合計額と異なる場合は、記名印鑑届で届出済みの印鑑を押し、正しい金額を記入した申請書を、再提出していただくことになりますので、間違いのないよう十分ご注意下さい。


1.申請者=カルネ名義人 の記入方法

※ この欄は手書きで結構です。

記入方法


申請者以外の法人(又は個人)が代理で申請手続を行う場合は、下記も必ず記入して下さい。該当しなければ未記入で結構です。

申請者がこの申請手続を代理人(法人又は個人)に委任して行う場合は、下に記入、押印して下さい。

記入方法2


2.申請の内容 の記入方法

該当事項をそれぞれの枠内に、英文文字で印字(英文タイプライター、ワープロ、パソコン等)して下さい。

手書きによるものは受け付けられません。


申請者(カルネ名義人)である会社(団体)名及び住所


記入例
NIHON CHUSAI CO.,LTD.
3-17, Kanda Nishiki-cho, Chiyoda-ku,
Tokyo, Japan


左面の1.申請者=カルネ名義人欄に記入した会社名又は氏名及び住所を英文(ローマ字)で印字して下さい。


使用者氏名
(1)→ 記入例
Takashi Watanabe
Hanako Morita

ABC Express Co.,Ltd.


物品を携帯(ハンドキャリー)で通関する場合
     →携帯(通関)する当人の名前
業務通関(別送)の場合
     →輸出者、輸入者(または通関業者名)


物品の用途
(2)→ 記入例
この欄には右記の3種類から選択して記入して下さい。その他の表記では受け付けられません。


商品見本の場合→COMMERCIAL SAMPLE(S)
職業用具の場合→PROFESSIONAL EQUIPMENT
展示会等または国際的な催し物に使用する物品の場合
EXHIBITION GOODS



物品の輸送方法等 (本欄は手書きで結構です)

物品の輸入方法等

*SCCカルネでは分割輸送、およびリピート通関は出来ません。

◆ 記入する際の注意事項

(1) 「使用者氏名」カルネを実際に使用する全員の氏名、社名を記載し、それら使用者の連絡先を必ず裏面の「3.カルネ使用者欄」にご記入下さい。
また、本欄に記載されていない人物が通関することが考えられる場合には以下の文言を入れ、名義人からの委任状を添付することをお勧めします。 → and/or other authorized representative

使用者に関する英文の委任状(雛形)のダウンロード

(2) 「物品の用途」記載に際しては、上記をご参照ください。
(3) 「物品の輸送方法」「携帯(ハンドキャリー)、別送(業務通関)のどちらも考えられる場合には両方にマークしてください。
(4) 「対象物品の合計金額」→ 金額を訂正される場合には申請者印(=届出印)のみが訂正印として有効です。届出印以外の印、修正液、二重線のみでは訂正できません。(申請カウンターで確認後、記入されることをお勧めします。)