委託販売契約

CONSIGNMENT AGREEMENT

 

 

Article 27. ARBITRATION
 All disputes, controversies or differences which may arise between the parties hereto, out of or in relation to or in connection with this Agreement shall be finally settled by arbitration in (name of city), Japan in accordance with the Commercial Arbitration Rules of the Japan Commercial Arbitration Association. The award rendered by the arbitrator(s) shall be final and binding upon the parties.

 

 

第27条 〔 仲裁 〕
 本契約から又は本契約に関連して、当事者間に生ずることがあるすべての紛争、論争又は意見の相違は、日本商事仲裁協会の商事仲裁規則に従って、日本国(都市名)において仲裁により最終的に解決されるものとする。仲裁人によりなされた判断は最終的なものとして、当事者を拘束するものとする。

 

 

第27条 〔 仲裁 〕
  紛争を最終的に解決する方法は、訴訟又は仲裁のいずれかである。訴訟に比して秘密性、迅速性、経済性、相手国における執行力などを考慮すると仲裁の方が望ましい。仲裁条項においては、仲裁の対象となる紛争の範囲、仲裁地、適用仲裁規則及び仲裁機関を明確に規定しておかなければならない。
  日本側の当事者としては、例文のように仲裁地を日本とするのが一般的に有利である。他方、外国側当事者としては、自国を仲裁地とすることを希望する場合が多い。両社の妥協をはかる方法としては、被申立人の国を仲裁地とする方式(被告地主義)、第三国を仲裁地とする方式がある。
 仲裁手続は、仲裁が日本で行われる場合は、例文のように日本商事仲裁協会の商事仲裁規則によることになる。なお、仲裁地が外国となる場合などは、仲裁手続に用いられる言語を明確にしておく必要がある。



Article 26
目次へ
Article 28