2018年7月23日「英文販売店(代理店)契約書のチェックポイント-契約の終了をめぐる諸問題など-」(東京)

 日本企業が海外の企業を販売店(代理店)として任命し、あるいは、日本企業が海外企業から販売店(代理店)として任命され、中長期的に、販売店(代理店)が有する販売網を通じて海外市場あるいは国内市場の開拓を行うビジネス形態が広く利用されています。  こうした販売店(代理店)を通じた製品の取引においては、単

⇒ 詳細はこちらから

2018年7月11日「英文契約によるリスクマネジメント入門-交渉準備から契約書の作成、契約後のマネジメントまでー」(大阪)

 英文契約に初めて携わる方にとりましては、英文契約に固有の発想や考え方、特有の表現など、国内契約とは全く異なる面があることから、とまどわれることも多々あろうかと思われます。  そこで本セミナーでは、昨年度に引き続き、国際取引契約に関する相談に多数応じておられる児玉実史弁護士を講師にお招きし、英文契約

⇒ 詳細はこちらから

2018年6月4日「英文契約書実務入門-明日から実践できる「考え方」を学ぶ-」(東京)

 国際契約や紛争処理の分野の第一線で渉外弁護士としてご活躍中の仲谷栄一郎弁護士を講師にお迎えして、特定の契約書ではなく、俯瞰的な視点に立ち、英文契約書に関する基本的知識をご説明いただくとともに、失敗事例や不備のある条項例を題材にして、失敗しないための英文契約書の読み方・書き方の要点についても解説して

⇒ 詳細はこちらから

2018年1月22日「国際仲裁の『決戦場』、証人尋問を乗り切れるか-国際提携契約の事例で学ぶ紛争解決【実践体験編】-」(東京)

 国際仲裁の「決戦場」である証人尋問は、書証偏重の国内訴訟の証人尋問とは全く異なります。証人(会社担当者)は、相手方弁護士から長時間に亘り厳しい質問(反対尋問)を浴びせられます。証人尋問の結果は仲裁の勝敗の帰趨に大きな影響を及ぼします。国際企業紛争の最終出口が「仲裁」である限り、このような証人尋問か

⇒ 詳細はこちらから

東京事務所開催

大阪事務所開催