2019年4月3日 「JCAAの3つの仲裁規則と仲裁条項のドラフティング」(大阪)

国際取引においては、商習慣の違いや相手先との信頼関係の構築不足などを起因とする紛争リスクの発生の可能性があり、その対応の仕方如何によって、ビジネスの成否が決まるといっても過言ではありません。特に、契約交渉において、他の契約条項と比べて熟慮されることの少ない仲裁条項の規定の仕方如何では、実際の紛争

⇒ 詳細はこちらから

2019年3月8日「米中貿易摩擦がもたらす対中貿易・投資の法的リスクとその管理のための最新実務 ~在中日系企業の買収、再編・撤退の法務・労務ノウハウを中心に~」(東京)

 長期化が懸念される米中貿易摩擦は、世界経済のみならず、中国に進出している日系企業にも影響を与え始めています。対中の投資環境が変化する中、各企業も、税関規制を中心とする貿易問題への対応のほか、新規投資、生産地の第三国への移転や調達先の見直し、販売価格の改定等の様々な対策を講じているのが現状です。  

⇒ 詳細はこちらから

2019年2月18日「自己責任時代の貿易トラブル予防の勘所 ~実例を教訓に~」(東京)

 法制度の改正や規制緩和、技術の進歩等により、あらゆる業態・規模の企業が貿易取引をより自由かつ安価に行うことができるようになっています。その一方で、理論的知識や実践経験が不足しているにも関わらず安易に貿易取引を進めたことが原因で紛争が生じ、立ち往生をしてしまう企業が後を立ちません。  果たして、「健

⇒ 詳細はこちらから

2019年1月31日 「海外合弁事業を成功へ導く法務リスクマネジメント【実践編】ー海外合弁事業を始めるにあたっての心構えと英文契約作成上のポイントー」(大阪)

海外現地企業をパートナーとして合弁企業を設立し、共同して事業を行うというビジネスモデルは、事業の海外展開を目指す企業にとって様々なメリットがある一方、事業の特殊性から個別取引にはみられない法務リスクが多数存在します。このため、合弁事業による海外進出で失敗しないためには、長期的視野を持ちながら、準備段

⇒ 詳細はこちらから

東京事務所開催

大阪事務所開催